俺のメモランダム

都内で働くごくごく普通のサラリーマンの日常系ブログ。 ☆好きな物・事 ・一人旅 ・週末農業 ・フットサル ・スノーボード ・アニメ ・ライブ ・夕暮れ ・祭,イベントなど非日常的な空間

思春期男子の暴走がすごい。『惡の華』押見修造 感想。

全11巻、読破しました。

 

大ゴマで『クソムシが』って言ってる女の子が描いてある表紙に覚えのある人もいると思う。


中学生の主人公、春日君がひょんなことから放課後にクラスのマドンナ:佐伯さんの体操着を盗んでしまい、
実はその場にいた仲村さん(『クソムシが』って言ってる表紙の女の子)に知られてしまったのをきっかけにして、いろいろ暴走していく。

 

毎回毎回、次の巻に行く前の『引き』がものすごく、めちゃくちゃ気になって一瞬で読み終わってしまった。

 

にしても主人公の暴走っぷりがヤバすぎる。その変態性を引き出そうとする仲村さんもまた変態であり、ヤバすぎる。
事を丸く収めるタイミングは何度もあると思うんだけど、そんな願いもむなしく、どんどん深みにはまっていき、おおごとになっていく。
とにかく『えー、そうしちゃうのかよ!?』っていう展開の連続で本当に飽きない。

 

暴走している中学生時代がメインなんだけど、その過去を引きづりつつ、整理していく高校時代にも
主人公にはいろんな葛藤があって、共感できるようなできないような(笑)

 

そんな春日君ですが、作中では意外とモテるのである。
まぁ好きになってくれる女の子も変わってるんだけど。

 

人が心の中に持つ変態性が本当に、存分に表現されていると思う。

 

数年前にアニメ化もされてるね。
原作より絵が妙にリアルで不気味だけどwww

 

実写化されたら面白い気がするなぁ。

 

巻末で紹介されてた、押見さんの他の漫画の紹介も見たけど、
それぞれ強烈なものばかりでたまらないのでまた読んでみようと思います。

買ってよかった、Bose Solo 5 。

f:id:yutastation:20170311014824j:plain

テレビのスピーカーに不満があった。
映画やドラマ見ているときに誰かが話し始めると聞こえない。
とくに映画は、音響に迫力がほしい。
あとは気軽に高音質な音楽を楽しみめるようにしたい。

 

なので買った、Boseのスピーカー、solo 5。
めっちゃよかったので記事にしたい。

 

商品公式サイト
https://www.bose.co.jp/ja_jp/products/speakers/home_theater/bose-solo-5-tv-sound-system.html

 


設定は超簡単。箱から出して、本体を置く。
光デジタル音声端子というのがほとんどのテレビに付いてるので、それと付属のケーブルを接続し、
電源は普通にコンセントに差して供給するだけ。

 


あとは付属のリモコンで電源をON。電源入れると、スピーカーの左側に緑の光がつく。
ディスプレーは一切ないけど、リモコン操作は光の色と、点滅でちゃんと反映されてるかわかるので問題なし。
むしろ文字がない分直感的にわかるし、シンプルで好き。

 


面白い機能としては、リモコンでダイアログモード(光がオレンジに変わる)というのに切り替えられる。
こうすると人の声の周波数をハッキリと拾うような設定となる。
結構耳の遠い祖父が、聞きやすくなったと言っているくらいなので効果は高いと思う。

 


肝心の音質に関しては、完全に主観にはなってしまうのだけど。
ドラマとかで男性の俳優がボソッとつぶやくセリフとかもちゃんと聞こえるようになった印象。
あとは高音~低音までバランスよく全部出力される感じ。
かといってうるさくはなく、豊かな感じ。
重低音に関しては、5段階で調整できる。
boseは重低音強いイメージだけど、通常(5段階の3)設定であれば、そんなに強くなく自然な感じ。

 

本体のコンパクトさを考えると驚き。


ただずっとテレビの電源をOFFにしていると、コンセントに差しててもsolo 5の電源も切れるので、
祖父母は結局テレビのリモコンで電源入れて、テレビの内蔵スピーカーで聞いてしまっているという問題はあるが。
(リモコンが別になってるのが慣れないっぽい)

 


あとは高音質のbluetoothスピーカーとしても利用できるのも強み。
ただバッテリーは内蔵してないので、ダンス用とかで外で使う場合はコンセントがある場所でないと使用不可。

 

ちなみに今もyoutubeで『深夜のカフェ』的なジャズをBGMで流しながらこのブログを書いている。
正直とてもいい気分です。自己満?なんとでも言え!(笑)

 

今は家族で利用してるけど、私の所有物なので(ここ重要)、また一人暮らしを始めたらしれっと持ち出そうと思う。あくまで私の所有物なのでね。

 

音にこだわりたいけど、ホームシアター構築はちょっと・・・って人、
リビングを東宝シネマに変えたい人はぜひ。

秋冬野菜生育状況 ~種まきから123日後~

前回の記事と、植えた時の記事

 

yutastation.hatenablog.com

 

 

yutastation.hatenablog.com

 

かなり時間が経ってしまいましたが。

今の状況です。

 

●小かぶ

f:id:yutastation:20170304131110j:plain

ポコポコと、土から顔を出し始めた。
実は、ちょくちょく味噌汁に小かぶの薄切りが入るようになっていたが
私が気づかないうちにばあちゃんが収穫を始めていたようだ(笑)

 

九条ねぎ

f:id:yutastation:20170304131305j:plain

こちらも、収穫できる大きさに。
量が相当ある。食べきれません。売らなきゃもったいないくらい。
誰か食べませんか?(笑)

 

●サニーレタス

f:id:yutastation:20170304131217j:plain

こちらは、日を追うごとに葉っぱの数が増え、一枚一枚も大きくなってきている感じ。
もう食べられそうだけど、少し待つかな?
植え替えたものもほぼすべてが順調に成長中。

 


〇実食
小かぶ、九条ねぎを収穫。
水洗いし、九条ねぎは外側の薄皮みたいなのを剥がしたところ。

f:id:yutastation:20170304131350j:plain

 

九条ねぎは真ん中で2つに切り、味噌汁に。
子かぶは葉の部分を取り、薄くスライスし、半分は味噌汁に。
もう半分は塩もみしてそのままサラダの付け合わせに。

写真は塩もみをしたもの

f:id:yutastation:20170304131433j:plain

 

小かぶは根菜特有の素朴な味。大根と違って生でも苦くない。
九条ねぎも、長ネギほどのピリピリくる感じがなくマイルド。

 

あとね、収穫したてだからか、めちゃくちゃ新鮮な感じ。
具体的に言うと、それぞれの種類の野菜の味がしっかりある感じ。
シイタケの時も香りが強くて新鮮だって思ったんだけどね。

 


時期が来たらサニーレタスも食べてみます。

『天国に一番近い島』に行くことになったので、準備中。

この記事の流れ

●旅行先を決めた経緯

●今回選んだ情報誌、ことりっぷについて

井口裕香1st写真集の聖地巡礼計画

 

 

専門学校の入学式の案内が来た。4月11日だった。
大学は確か4月2日とか、新学期始まってすぐみたいな感じだったから
3月末で仕事辞めてすぐだなぁと思っていたけど、意外と時間ができた。

 


ここで何もせず手をこまねく私ではない。
実は今日は3連休の最終日なのであるが、台湾旅行に行けないまま終わっており
海外旅行熱がくすぶっているので、ある場所への旅行に行くことを計画した。
知ってる人は、タイトルでわかるかも。

 


その場所は、『ニューカレドニア』だ!!
オーストラリアの西に浮かぶ南の島。

 


今回は前回の反省を活かし、航空券・ホテルを手配済み。

 


彼女が4月初旬でワーホリから帰国、私は4月初旬は時間が空く。
ということで、ニューカレで集合する流れに。

 


すでに情報誌は買った。
今回はことりっぷ。るるぶ派なんだけど、ニューカレはちいサイズという
小さいやつが無かったからねぇ。ことりっぷがコンパクトだったのでそっちにしてみた。

 


ことりっぷはなんか女子向けって感じで自分には合わないかなあと思っていたけど
そういう先入観は捨てて一度使ってみようと。
実際、るるぶほどの情報量はいらないかもしれないし。

 


ことりっぷには会話帳アプリみたいなのがついてて、
本の袋とじの部分のQRコードを読み取るとその国の言語版が使えるようになる。


まぁ全部はいらないけど、音声付きだからお礼とか挨拶とかもちゃんとした発音で覚えられていいかも!
南洋のプチ・パリといわれるニューカレの言語はフランス語。
大学入って第二外国語として挑戦したけど、半年で挫折し、中国語に切り替えたので
アプリ使ってみたけど何もピンときませんでした(笑)

 


あとは声優・井口裕香の写真集の撮影地がニューカレということで、
聖地巡礼もしてやろう、と思います!!!

なかなかやる人いないだろうし(笑)

※ただ、今回は一人旅じゃないので『できれば!』という程度になるかと思う(笑)

 

とりあえず、『むーんDVDいん にゅーかれどにあ』を久しぶりに見返してみている。


うん、やっぱり面白い。

いやー、準備ってテンション上がりますよね。

 

では、ア ビヤントー!(さようなら)

f:id:yutastation:20170224133639j:plain

27歳男が『東京タラレバ娘』読んでみた。

大島優子ハイボール吉高が好きなのでなんとなく見てみた、
今放送中のドラマが面白いので、原作の漫画を借りて読みました。
現在、7巻まで出ており、私は6巻まで読破。


よく『心をえぐられすぎて辛い・・・。』って言われているけど、
あまりそう感じないのは私が男だからでしょうか。
リアリティあってフツーに面白い作品だなって思った。

 

とりあえず、出てくる男が全体的にクズですね(笑)
まぁ、イイヤツばっかり出てきたら作品的に面白くないかw

 

そういうのにばっか引っかかっちゃうけど、必死でもがく主人公たちを見てると元気が出る。
何かあると友達の家族の居酒屋に集まって、
作品名どおり、タラレバ言い合ってるんだけど、読んでると彼女たちのガールズトークに加わってるような感覚になる。

 

タラレバ娘3人がすげー婚活に力入れてることに、最初はピンとこなかったんだけど、読んでるうちに気持ちがわかるようになる。
彼女たちいろいろ頑張ってるんだけど、なかなかうまくいかなくて!かわいそうなんです!
そりゃ婚活したくもなるわ!

 

仕事では結果を求められ・・・
婚活パーティーでは冷たい扱いを受け・・・
泥酔して倒れても起こしてもらえず・・・
etc

大変ですわな。


あとは『未婚の30台前半の娘』をもつ親子の掛け合いシーンが何度かあるんだけど、そっちが割と心にきましたね。
実家で母親からいまだに子供扱いされてしまっている感じとか、
父親から、愛のある一言なんだけど重い本音を言われたり


さぁ、2020年東京五輪までに彼女たちは結婚できるのか?
まだまだ続きそうな感じだし、また続編が楽しみな作品が増えました!

小林製薬『ハナノア』を使ってみた。

山手線の車内にたくさん広告があるから知っている人も多いだろう。

真顔の女性が鼻うがいをしているという、非常にシュールな仕上がりとなっている。

私は何も知らずに乗って、窓際でこれと対面した。

『デデーン』年末のガキ使的にはOUTをいただいてしまった。

 

 

ただ、そんなこともあって興味をもったので帰りがけに購入。

箱は結構大きい。約1000円。

f:id:yutastation:20170216022030j:plain

横から見たところ。

f:id:yutastation:20170216022004j:plain

 

300ml入りの容器から、鼻に入れる容器に20ml分づつ、移し替えて使う。

 

感想。

全然痛くない。ちゃんと調整されている。

ただ、慣れるまでは若干の拒否反応が(笑)

だって鼻から入れて口から出すんだよ!!

でも終わった後はミントの香りが鼻腔の奥まで満たされ、とてもスッキリした。

とてもイイですこれ。

細菌やホコリ以外にも、鼻の奥の花粉まで落とせるらしいので、

花粉症の私としては今後、使っていこうと思う。

でも使える回数15回で1000円はちょっと高いかもね。

 

ではでは。

海外旅行の段取りをする際に気をつける2つのポイント

【1】 帰りの便は金曜を避ける。

 

【2】 予定が確定したら速攻で航空券とホテルを取れるように準備しておく。

 

----------------------------------

理由は以下のとおり。

 

【1】

週末に日本に帰る予定を立てるのは危険。

 

最近は訪日外国人が増えているので、
彼らが金曜に有給をとって週末を使って日本を訪れることは容易に予測できる。

 

特に、成田・羽田・伊丹・関空など、主要都市に近い空港に着く便はこぞって彼らが利用する。
金曜に帰る航空券は非常に取りにくいと思っておいたほうが良い。

 

【2】 

行先は早めに決めておこう。

そして、希望の航空券とホテルまで目星をつけておく。

 

ぎりぎりになればなるほど、いい条件の航空便は埋まっていき、
無駄に旅費が増えたり、無理な旅程になったりする。
そういうのは未然に防ごう。

 

【1】を実践していれば、席が埋まっている確率はぐっと減るはずなので、
とにかく予定が確定したら、速攻で予約!


----------------------------------

上記は私自身が身をもって痛感した(笑)

 

2月22日(水)~24日(金)に3連休をとって、
行先は決めていなかったけど一人旅をしようと計画。

 

ちなみに、2週間ほど前には予定は確定していたが、
行先を考えて、台湾に決めたのは昨日。今日、航空券を検索。
行きはあっても帰り(24日)が無いという事態に直面。
休みは3日間しかないので、詰んだという状況だ。


いやー情けない。
そして、この体験を拡散するべきだと思った(笑)


また旅行先は練り直そう。
にしても、台湾のこと考えてるうちに海外旅行熱が高まってしまってたので、無念さが半端じゃない(笑)