俺のメモランダム

元専門商社営業職、現建築系専門学生の日常系ブログ。 ☆好きな物・事 ・一人旅 ・週末農業 ・フットサル ・スノーボード ・アニメ ・ライブ ・夕暮れ ・祭,イベントなど非日常的な空間

木製パズル『ki-gu-mi』挑戦記。

予定の無い日曜、私はふらっとロフトに立ち寄り、見つけてしまった。
飾られた木組みアート。

 

自分はモノを作るのは好きだけど、基本面倒臭がりだし、
手先も決して器用なほうではない。
何より以前メタルパズルを買って全工程の5%程で投げ出した男だ。
だが私は思った。ここがターニングポイントではないか。

 

ここでこの難易度★★★★☆に成功すれば、
大抵の手仕事は乗り切れると思える、そんな自信がつくだろうと。
何よりかんらんしゃ、デッカイ!カッコイイ!(幼稚)

 

私は展示されていた木組みアートの中でもひときわ大きい、観覧車キットを持ち、

レジで5000円を払った。
退路は断たれた。なんだか息も上がっている(大丈夫か)

 

家に帰って、さっそくスタート。

 

f:id:yutastation:20150630003028j:plain

f:id:yutastation:20150630003041j:plain

 

作り始めてみて思ったんだけど、これ部品数は多いけど、作業自体は意外と難しくない!

 

まず、ペンチで曲げたり、力が必要なメタルパズルと比較して、
木は柔らかく、まず怪我はしない。
また『遊び』があるので、少しズレてもなんとかなる。

 

そして日本の匠の技が光る!(誰)
ほそーいパーツ、小さいパーツ含め、指で押せば綺麗に外れる。
折れたりとかはまずない。

 

そして、部品や小物など一部パーツは予備もある。
パズルにありがちな『心折設計』ではない。親切設計。

 

なにはともあれ写真と共に振り返りましょう。

 

まずは中心から順に、ホイールを作っていく。
基本、パーツ同士ピッタリ接合されるので気持ちいい。

 

じょじょに外側へと組んでいき、ホイール(片側)完成!

 

f:id:yutastation:20150630003116j:plain

 

ちょっと感動。でもここから先大丈夫かな、「タイヤ」になっちゃわないかな、
と心配で動悸が←

 

そしてもう片側を作る。
2回目だから勝手がつかめて、大幅スピードアップ。
自分の成長を実感できてテンション上がること間違いなし。

 

そしてホイール同士の接合。緊張の一瞬。

 

f:id:yutastation:20150630003132j:plain

 

付いたァ!!感動。

 

といっても、普通に作り進めてくれば気持ち良く嵌ると思います。
自分の事を匠かと思っちゃいます。
劇的ビフォーアフターのあの曲が心の中で流れました。

 

その後、外周にゴンドラを12個付けていく。小さくてカワイイ。
なんか妙に愛着湧いてくる。

 

最後に土台を作り、本体を接合。ここはちょっとだけ苦労した。

というのも、似ているパーツがあり場所を間違えたまま、作業をやりやすくしようと固定しようと思って、木工ボンド、塗っちゃったから。

 

ま、すぐおかしい事に気付いて修正したのでなんとかなりました。冷や汗かいたー。
組み立て図は細かいとこまでよーーーく見ないとね。

 

そして、接合完了!やべー出来ちゃったよ。

 

しかし!これで終わりではない。星4をなめちゃいけない。
回せる事が重要なのだ。

 

指で押して試運転してみると、いろんな部分と土台がぶつかって回らない。

 

これは観覧車だけかな?一部パーツは、完全に押し込むのではなく、しなりで位置を調整することが必要なようだ。

つまり木工ボンドを買って、ぶつからない位置で固定する事が必要。

 

そして、意地の修正。ボンドの跡見えますかね?

f:id:yutastation:20150630004224j:plain


かなり回るようになったが、やっぱ完全に干渉を無くすのは無理でした。
実際の工事であれば大問題でしょう。まぁ模型だからいいです。

 

結局のところ、

・説明書・手順を読む:15分
・最初のホイール:50分
・反対のホイール:20分
・乗客席:15分
・土台&接合:20分
・全体がぶつからず回転する、ゴンドラが回るように調整:30分

合計:150分くらいでできました!

 

f:id:yutastation:20150630003152j:plain

 

f:id:yutastation:20150630004300j:plain

f:id:yutastation:20150630004319j:plain

ジャーン。

 

しばらくは無理やり見えるとこに置いておき、眺め、達成感で悦に浸ろう。
まぁデカイので置く場所は無いので、←
そのうち実家に(半ば強引に)寄贈する予定。(笑)


いやー面白い!みなさん、ギャンブルもいいですが、5000円払って
匠の修行、チャレンジしてみたら如何?