俺のメモランダム

元専門商社営業職、現建築系専門学生の日常系ブログ。 ☆好きな物・事 ・一人旅 ・週末農業 ・フットサル ・スノーボード ・アニメ ・ライブ ・夕暮れ ・祭,イベントなど非日常的な空間

松山弾丸観光。

友人の結婚式のため、四国へGO!

とりあえず、観光も兼ねますよね。絶対行きたいと思っていた王道3か所には行けたので順を追って書きます。

【1】萬翠荘(ばんすいそう)

【2】松山城

【3】道後温泉

 

成田空港から松山空港までジェットスターが出ていた。
グッジョブ!

 

にしても第3ターミナルはなんであんなに落ち着くんだろう。
なんか、フードコート的な雰囲気と、むき出しの内装が『これから旅行です!』感を
薄めてくれるのかもしれない(笑)

 

ただこの日は到着地・松山が強風とのことで、
『機長の判断によっては成田に引き返すという条件付き』での航行。
・・・何じゃそれ!!

 

でも1時間遅れでなんとか出発。

松山空港入る前に着陸態勢を整える的な感じでぐるっと回ったんだけど、

そのころには綺麗に晴れて瀬戸内海の島々がすごくきれいだった。
写真・・・撮っときゃよかった!

 

松山は気温が低く風も強めで寒かった。勝手に四国は暖かいと思い込んでいた(笑)

 

昼は松山駅前の自然食レストラン『SOHSOH(ソウソウ)』へ。
ここは松山市内には何店舗か展開しているぽい。

 

日替わりの5種盛りを注文。
麦ご飯はお代わり自由!ご飯はなんか甘くてあまり食べたことない味。
付け合わせもたくさん選べるようになってた。

f:id:yutastation:20170122011806j:plain

f:id:yutastation:20170122011823j:plain

 

その後、市電に乗って移動。
木製でレトロ感満載で、ツボだったー。こういうのほんと好き。

f:id:yutastation:20170122011845j:plain

 

そしてメイン。

 

【1】萬翠荘(ばんすいそう)

『大街道』駅で下車。坂の上の雲ミュージアムの奥にある。
ここは建築家 木子七郎が、旧松山藩子孫の久松氏のために設計し、
大正時代に建てられた洋館。

 

久松氏がパリに憧れを持っていたとの事で、木子氏はヨーロッパを周遊し、
建築のエッセンスを吸収した上で建てたとのこと。

 

偉い人のお屋敷を手掛けるなんてチャンスだろうから、やっぱ人生懸けてたんだろうなぁ。

f:id:yutastation:20170122011927j:plain

 

隣に建ってる(はず!)だった愚陀佛庵(ぐだふつあん)も興味あったんだけど、
ここは土砂崩れで崩落して今は無いみたい。代わりにお茶を飲める建物がありました。

調べ不足でした。

 

【2】松山城
丘の上に立っている城。晩翠館からは、丘の東側を進めば徒歩でもすぐ行ける。

丘の東側は結構商店も多くて楽しい。

そして、ロープウェー乗り場から松山城へ!

 

時間が遅かったから城の内部は見られなかったけど。
この城はほんとスケールがでかい。
天守に至るまでいくつも門をくぐって登っていくので疲れるけど冒険してる気分になって楽しい。

f:id:yutastation:20170122012632j:plain

f:id:yutastation:20170122012649j:plain

f:id:yutastation:20170122012706j:plain

 


【3】道後温泉
ここは外せないよね。金曜の夜だったからなんとか入れたけど、土日だとめちゃくちゃ混むらしい。
地元の人は朝一で入りに行くってタクシーの運ちゃんは言ってた(笑)

 

びっくりしたのは入湯料の安さ。410円+、タオルと石鹸代だけで、500円あればおつりがくる。

 

脱衣場は年季を感じる木がむき出しになっていて雰囲気抜群。
男湯は西と東で同じようなものが2つ、女湯は大きめのものが1つという構成。

 

あと追加料金で皇族専用の風呂を見学できるらしい。

 

私はそっちにはいかなかったけど、無料で入れる『坊ちゃんの間』という、夏目漱石
好んで滞在した部屋が公開されていたので見てきた。
ここも雰囲気ある。やっぱ古い建物はいいねぇ。
ちなみに道後温泉本館、老朽化のため修繕が計画されてるらしいので全部見たい人は今のうちにぜひ。

f:id:yutastation:20170122012728j:plain

f:id:yutastation:20170122012744j:plain

 

もちろん結婚式もいい式でした。
自分的には、旅行好きなので地方に行くのは全然苦ではない、むしろウェルカム。
ただ一つ後悔したのは、日曜に休み取れなかったこと。
2次会途中で帰るのはなんか切なかったよ(笑)

 

おまけ:

奈々様が愛媛銀行のイメージキャラクターをされているのを発見。

f:id:yutastation:20170122012848j:plain

ではでは。