俺のメモランダム

専門商社営業ー(退職)→建築系専門学生ー(卒業)→設計事務所勤務という人生を辿っているアラサーのブログ。流し読みで読める軽さを持ちながらも、考え方、情報、良かったモノやコトをうまく発信して見ている人の日常をちょっとだけ豊かにできるのを目指して書いてます。 ☆好きな物・事 ・旅 ・フットサル ・スノーボード ・カラオケ ・アニメ ・ライブ ・夕暮れ ・祭,イベントなど非日常的な空間

3/10(日)~帰国まで アクティブに動かずゆったり。帰りも割といろいろあった。

目次

 

1. 暮らすように過ごす


最終日。
昨日はイスラムヘーレスでアクティブに行動し、
パスポートの件でも精神が振り回されたので
疲れたのか、ゆっくり起きた。

 

でも不思議と目覚めは悪くない。

 

『はるばるメキシコシティまで行き、

パスポートを申請しなおし、飛行機を取り直して帰る』

 

という出来事を受け入れる準備が整いつつあった中での発見だったので
サプライズ的な嬉しさがあった。

 

どこ行くか色々考えたのだけど、
旅を振り返ると割と色々やれて満足感もあったので、
今日は観光せずにゆったり過ごせばよくね?となり。

 

天気もいいので(この旅行中ほとんど降られてない!)
12時のチェックアウトまで近所を散歩することに。

 

昨日、プラヤノルテで気合い入れて焼いたせいか、
肌が真っ赤でかゆい。

 

なのに昨日買ったイグアナのノースリーブTだったもんだから
なおさら日に当たるとヒリヒリする。

 

宿の隣の公園を通り抜ける。
日曜だったからか、いたのは遊具で遊ぶ子供や、
なんかの集まりなのか、おばちゃん達。
見た目は違えど公園の雰囲気は日本と同じだ。

 

てかカンクンってリゾート地のイメージ強いけど、
どれはホテルゾーンの話で、
それ以外は割と普通の街だ。

 

近くのcoffe & meというカフェに入った。
メキシコには他にも何店舗かあるっぽい。
全体的にオシャレでセンスを感じる。

f:id:yutastation:20190403233345j:plain

 

調べたら、紹介してるサイトを発見した。
yelp(イェルプ)といい、アメリカのローカルビジネス口コミサイトで、
規模は世界最大みたい。知らんかった。以下リンク↓↓

https://www.yelp.com/biz/coffee-y-me-canc%C3%BAn-3


ゆったりして、チェックアウトの時間に合わせて宿に帰る。

 


2. ホテルステイ

 

例のアプリを使ってタクシーをAirbnbの宿の前に呼びだし、
直接、今日泊まる空港近くのホテル
『コートヤード・バイ・マリオット・カンクン・エアポート』に行くことに。

booking.comのリンク↓↓

www.booking.com


チェックインの時間には少し早かったけど、部屋に入る事ができた。

 

荷物を置き、お昼ご飯。1Fのレストランでビュッフェを頼んで、テラス席で食べた。

 

煮込み系の料理が多かった。

f:id:yutastation:20190403233548j:plain


汁物だからか、イマイチ美味しそうに撮れない・・・(笑)

 

甘いもの系いろいろ。

f:id:yutastation:20190403233641j:plain

 

余談だけど、
昼ご飯の会計をカードで払う時に
チップ額は自分で決めて記入する方式だった。
書いた額の分、ちゃんとボーイさんの手元に渡ってるのかな?


食事後、1Fのジムを利用。
そこまで混んでなかったけど思ったより狭い!
HPの写真だとめちゃ広く見えるのに、騙されました(笑)
まぁ利用者ほぼいなかったから問題無かったけど。


プールも利用。
ひたすらウォーキングしているカナダ人のおばちゃんと
ひたすら平泳ぎしている中国人のおじさん2人が
いただけで、こちらもそこまで利用者は多くなかった(笑)
にしてもHPの写真キラキラさせすぎだろ!!w

 

プールサイドにもハンモックがあったり温泉みたいなのがあったりしたが
蚊が多かったのがちょっと残念だった。


そしてマジで今更なんだけど、
ランドリーがあったので、服を洗濯(笑)

 

 

3. テラスハウス(ハワイ編)面白い

 

この旅の間、使おうと思ってネットフリックスに入会したので、
夜はひたすらテラスハウス(ハワイ編)を見て過ごす。

 

今までこういうのあまり見てこなかったけど、面白いね!!!

 

ちなみにネットフリックスのストリーミングで見る場合には、
副音声が入れられるんだけど、
こうすると本来のオシャレな雰囲気がいい感じにゲスく変わるのでオススメ(笑)
ずっとこれで見てた。

 

途中で寝落ち。

 

 

4. 対策したのに・・・

 

翌朝、彼女に起こされて目が覚めた。

 

時計は3:30。
え、空港に着こうと思っていた時間じゃん。

 

朝5:30発の便だったので、わざわざ空港近くに泊まったというのにこのザマ。

 

シャトルバスは30分間隔で24時間運行しているが、
さすがに4:00のを逃すとヤバいので、
全力で荷物を詰め込みロビーへ行く。バスには乗れそうだ。
待っている間にUnited AirlineのHPからオンラインチェックイン。
(空港のチェックイン機が万が一並んでたり、時間かかったりするとヤバいため)

 

そして荷物預け、手荷物検査を済ませ、間に合った・・・
ちゃんとお土産も買えた。

 

 

5. 海外の空港、冷房効きすぎ問題

 

ちなみに羽織り物をすべて預けてしまっていたのだが
これが後に自らを苦しめる事になる。

 

間に合いそうということで冷静になると、
カンクン国際空港の冷房がまぁまぁ寒いことに気づき、
ちょっと嫌な予感がし始める。

 

カンクン→ヒューストンはユナイテッド航空便。
ちなみに席についた瞬間に寝落ちして、気づいたら到着してたからまったく覚えてない。
でも寝れたということは割と暖かかったんだと思う(笑)

 

ヒューストン空港はカンクン国際空港に輪をかけて寒い!!冷房ききすぎ!!
もしかしたら外が寒くて暖房がついてないとかかもしれない。
いずれにしろTシャツ1枚、短パン、ビーチサンダル姿は完全にギルティ。

 

預け荷物いったんピックアップとかないかなーと思って聞いてみたけど
『成田まで直送するので何も心配いりませんよ♪ニコッ』
ってサービスの良さをアピールされた。この時ばかりは荷物欲しかった。

 

凍えそうになりながらインターステラーを見て時間をつぶした。

 

 

6. 寒さは続く。仲間ができる。

 

極寒のヒューストン空港を乗り切り、搭乗。
しかし。機内も寒いッッ!!
やっと暖かい場所に行けると思ったのに・・・。
カンクン-ヒューストンはなんであんなによく眠れたんだろう。
小型機だったから?

 

というわけで備え付けの毛布をとっぷり被って過ごす。
普段は邪魔だと思っていたけど、やっぱ必要だわ(笑)
寒がりな人の気持ちがよくわかった。

 

ちなみに横の席が同い年くらいの日本人。
彼も自分と同じような服装で、めちゃくちゃ寒そうにしてた(笑)
どちらからともなくその話題に。

 

彼は南米を回ってたらしい。
マチュピチュとかウユニ塩湖とかの写真見せてもらった。

 

気になったのか、途中から窓側に座っていた外国人ビジネスマンも話に入ってきた。
出張で日本に行くらしい。
飛行機内でのこういう出来事っていいなって感じる。

 

 

7. 陽気なCAとアルコール

 

あとCAさんに男性がいて(たぶん日系)、
その人普通に食べ物サーブするだけじゃなくて、
どこ行ったの?とか色々聞いてきた。
フレンドリーだなぁ。

 

アメリカの地ビールとか色々薦めてくれて、
寒いので飲んであったまろうと思い、回って来るたびオーダーした。
結局5・6杯は飲んだんじゃないかな?(笑)
ちなみにアルコールは無料サービスだった。

 

 

8. 機内での時間つぶし

 

無音・英語字幕で映画を見ていた。
(酔いと寒さで若干気分が悪く、音を聞きたくなかったので)
結果的には、これが意外に英語の勉強になることに気づけた。

 

『カメラを止めるな』
最初にノーカット撮影映像を流し、
後からそれの舞台裏を見せていくスタイル、ほんと斬新で面白かった!

 

コーヒーが冷めないうちに
これは正直惰性で眺めるだけだった。
有村架純さんがかわいい事しか覚えてない。大変申し訳ない。


映画は終わったが、まだ全然着かない。
たしかハワイを少し超えたあたりだったように思う。
絶望。フライト13時間ってのはほんと長い。
相変わらず眠れないので、

 

・持っていた本の2周目
Kindle版のるるぶを隅から隅まで眺める(マジで今更すぎる・・・)

 

こんな風に時間を使う。

 

 


8. 日本到着。大正義ANA

 

成田空港到着。
3月なのに、今乗ってきた機内より暖かいんですけどぉー!

 

寝れてたらもう少し早く感じたかもだけど、
ロクに寝れず、同じ椅子で13時間ってのは長かった・・・。

 

にしてもなんであのUA便はあんなに寒かったのだろう。
短距離ならまだしも13時間はキツイ。
機内食も正直微妙だったので、今後はできるだけANAを選ぼうと思った。
(自分はANA派なので最近のJALはどうだか知りません(笑))

 

今後は上着一枚、手元に置いとくのを忘れないようにしたい。

 

 

9. 旅を終えて

 

色々ありすぎたこの旅行ですが、終わって振り返ってみると、都合よく楽しい思い出が残った。←
人の優しさに触れたので、自分も心にいつも余裕を持ち
人を助けられる人間でありたいと思った。

 

一つだけ心残りがあるとすれば、
セノーテでシュノーケリングできなかった事かな。

 

これはまた次に行くときのためにとっておいた、という事にしておく。

 

以上。7記事、長かった!けどやりきった感ある!(笑)